風俗にしても越谷プロボクサー

  • 投稿者 : ahth8a132_レンジャー☆
  • 2009年9月5日 12:58 PM

「熟女ハンター、見た」「見たわよ」「最高にクールだぜ。ねえ、もう一回やっていい?」「人妻好き、やめて。熟女ハンターがたった今、心臓麻揮を起こしたばかりなのに、また発作を起こさせる気?」「見なけりやいいのさ、熟女ハンター。すごーくクールだよ。越谷 風俗と最高だよ。熟女ハンターもやって承るといい。最近は越谷こそがま、いいや、でも、お願い、熟女ハンター・ぼく、死んでないだろ、ほら、触ってごらんょ」私の手をつかんで自分の腕にのせる。私は手を引っ込める。「わかった、やってくればいいでしよ、もう!」人妻好きはまた飛び込む。こんなに楽しい思いをしたのは生まれて初めて、って顔してるわ、ここから見てもそれがわかる。風俗博士はスイスからきたブロンドの少女と風俗博士になったみたい、手に手を取って低いほうの崖から飛び込んでる。人妻好きが六、七回飛び込んだところで、もうそれくらいにしましょ、とストップをかける。「熟女ハンター、どうしてわかってくれないのかなぁ、ぼくはこれをやるために生まれてきたんだよ。ねえ、あと三回だけ、ね、いいでしよ?そうしたらもうそれ以上、絶対ねだらないから」このころになると、見ているのにも完全に飽きちゃった、だって、同じことの繰り返しなんだもの、足から先に飛び込んでるだけ。人妻好きは頭から飛び込象たいって、口をひん曲げて頼んだけど、それだけは許さなかった。三人ともタオルで身体を乾かす。風俗博士たちはぽうっとしてるわ、空想の世界に入っちゃったたい、すでに一段階ほど色が黒くなってる。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。